イズミの為替日記(テクニカル分析)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ドル/円、4勝1敗!」

<<   作成日時 : 2010/11/06 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週のドル/円の日足チャートを見ると明らかな変化が読み取れます。

週内を振り返ると週明け早々に80.24円という15年ぶりの安値を更新。マーケットには、「80円割れ」、「79.75円」というコメントが賑わいました。しかしながら、80円割れが回避され、その後の3日間は81円方向に反発するも厚い売り物押し戻される展開。

FOMC後の木曜日には、再度、米追加金融緩和を材料とした全面ドル売りとなりましたが、日足における80.60円前後が厚いサポートラインとなっており、週末には、米雇用統計をキッカケとした一転ドル買いにより81円台前半で引けています。

画像


ドル/円は、先月半ば以降、81円前後を中心とした底値圏でのレンジ内相場=鍋底形成となっています。すなわち、底値圏での買い方・売り方の攻防戦といったところです。

ただ、今週に入り、日足ローソク足は、陽線が4本陰線が1本となっており、陽線が目立つ週となっています。このことは、テクニカルにおいては重要視されることであり、「マーケットの心理的変化の兆し」ではないかと考えます。

また、底堅い値動きとなっていることから、日足ボリンのボトムライン=80円前後割れを拒否した形となっており、底入れ感も出ています。

しかしながら、大きな陽線が出現しておらず、まだ、大きな変化とはなっていません。というのも、まだ、80円台〜81円台という低位での保ちあいですから、売り方(円ロング)も安心した状態であると思われます。

現状の日足においては、パラボリックの動きから見ても強弱感の強い値動きとなっていますが、週明け以降、ドル/円が81円台後半〜82円台に乗せてきた場合には、大きな変化も出るのではないかと思われます。

すなわち、底値圏=80.20円前後を売り叩いた=円ロングがかなり残っているものと思われ、「80円割れ」、「79.75円」を信じた向きの買い戻しが期待できるもと思われます。




※日々のトレードに役立つ、ピックアップした「テクニカルトレード分析」は、「トレード日記」へ。


毎日、毎日のクリック、ありがとうございます!感謝しています!

「テクニカル分析」に登録しています。クリックして応援お願いします

↓ ↓ ↓  
ブログランキング・にほんブログ村へ


 FXブログランキングへ

外為ランキングへ

人気ブログランキングへ




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ドル/円、4勝1敗!」 イズミの為替日記(テクニカル分析)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる